量子力学の「波」に関する解釈を紹介

😋 分子なのでもちろんこの分子自体が相互作用して結合状態を保っているわけです。

10

量子力学 2重スリット実験

😄 谷村教授の説明を読めばわかる通り、経路測定のための装置を設置した場合も、波動関数から計算した確率の式が用いられている。

11

二 重 スリット 実験

😛 すると、2本の隙間を通った量子は、反対側の壁には、当然、下の図のような模様を描くと思われるのですが・・・ しかし、実際は、こんな感じに 「しま模様」が浮かび上がるのですね。 結局波なの粒なの? 確率の波であり観測すると粒である です。

量子力学の「波」に関する解釈を紹介

😍 簡単に説明すると宇宙はコンピュータで作られているから波動関数のような奇妙な性質のものが現実に存在しているというわけである。 実験から、観測前の量子は波ということがわかりました。

13

二重スリットの実験とは? 量子は人間が観察することにより振る舞いを変える!?

🤛 間違い自体は仕方がないですが、読む側はそれが間違っている可能性も考えながら読まなければいけないので、本当に量子力学は難しいなと思うわけです。 量子力学に 宇宙の不思議さを求めている人にとってはガッカリするような話に聞こえるだろうが、落ち込むのはまだ早い。

7

二重スリット実験:量子計測:研究開発:日立

❤️ このブログから本も出してるみたい。 図2 c が示すように、大量の電子が積算されると、上下方向に縞らしきものが見えてきます。 また同じ高さで逆向きの波がくると高さは0になります。

2

二重スリット実験:量子計測:研究開発:日立

🐝 上の図はあくまで量子デコヒーレンスを 分かりやすく表現しているだけであって観測の真実の姿ではない。 実験内容は、量子を二重スリットに向かって発射している時に、 片方のスリットを通るように意識的に念じるというものです。 Quantumの説明のように「スクリーンには、普通の粒子の場合と同じ一本の線ができる」では、スリットを二重にしても二つの経路が交錯しないため、二重スリットにおいて干渉縞が生じなくなる。

12

二重スリット実験で人生が変わる!現実世界の認識

☭ 以下のような思考実験をしてみましょう。

10

二重スリット実験が面白すぎるので皆に知ってほしい

🤪 にて紹介した谷村教授の説明図でも単一スリットでは「一本の線」にはなっていない。 それは、 2017年現在誰も分かっていない。

5