態度豹変のIOC非難声明が森会長辞任への決定打?!海外メディアも「叱責されても職に留まる」と続投方針を疑問視(THE PAGE)

💅 森氏の辞任で終わらせるのではなく、社会そのものがジェンダー平等へと前進するきっかけにしていかなければ」と訴えました。 欧州各国の在日大使館などが投稿したツイートのキーワードです。

16

女性が怒りの行動/森会長の辞任 変える一歩に

👋 でも、IOCのほか、大会組織委員会、政府などの周囲の対応は無責任なものだった。

森喜朗会長辞任、「昭和の保守派」の勘違いで日本は衰退まっしぐら

👀 3つ目は、意思決定のプロセスの問題、会議の場で、自由で活発な議論を封じ込めていないかということです。

森会長辞任、その功罪とは(松瀬学)

🚀 組織委の会長は指名で決定するものではなく、川淵氏が会長に就任するには、まず理事に就任したうえ、理事会の互選を経る必要がある。 森会長が辞任後、開催の実現に向けてどんなことが求められますか (小澤) 組織委員会がまず取り組まなければならないのは、社会の共感と信頼を得なおす努力だと思います。 東京オリンピック組織委員会会長が女性蔑視発言をして問題となり、それを釈明し、謝罪する会見で逆にジェンダー問題を全く理解していないことを露呈してしまったからだ。

森会長辞任、日本で報じられないIOCからの感謝…「五輪歴史の中で最も十分な準備」

☕ 当時の私は14歳で、田舎の中学生だったこともあって、世間のことは何もわからないなかで、森氏について「偉いもんだ。

4

森喜朗会長、辞意表明。これまでの流れは?【3分で分かる】

🚒 こむら氏は、女性蔑視発言で東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任の意向を示したことにふれ、「国内だけでなく世界中からの批判の声が辞任に追い込んだ」と述べ、「声を上げれば政治は変わる」と強調。 一刻も早く、会長職を辞任すべきだと思っていた。

18

森喜朗会長辞任、「昭和の保守派」の勘違いで日本は衰退まっしぐら

🌭 東京オリンピックは緊急事態を迎えた。 発言の翌日4日の無策の囲み会見は火に油をそそぐ結果となり、多くの人々の憤りを買った。 東京五輪・パラリンピック大会も日本にきた。

15