ウエイトリフティングの特徴とルールとは?【競技種類や階級なども解説】

⚔ これらをそれぞれ3回ずつ行い、それぞれの最高重量の合計を競うのがウエイトリフティングだ。 主に大腿四頭筋 ふとももの前側 ・体幹周りを鍛えられる種目。

ウエイトリフティングのルール解説、スナッチとジャークの違いは?|【SPAIA】スパイア

🙄 ただし、アテネ1896大会、セントルイス1904大会ではウエイトリフティングは現在と異なるテクニックで実施され、両手で持ち上げる種目のほか片手のみで持ち上げる種目があり、体重別の階級もなかった。 バーベルを持ち上げた後、両足を結ぶ線と胴体とバーが平行になった状態でレフリーが合図をするまで静止していなければならず、合図より前にバーベルを降ろしてしまえば失敗として判定される。 地面に置いたバーベルを第1動作(クリーン)で肩まで引き上げて立ち上がり、第2動作(ジャーク)で全身の反動を使って一挙動で頭上へ差し上げる。

1

ウエイトリフティング

✌ 屋内で練習する部活でしたら、その発想はなかったと思います。 少しでも触れてしまえば、失敗の試技として判定されます。 以来、継続実施され、シドニー2000大会からは女子種目も登場した。

1

ウエイトリフティング

✌ 男子は61kg級、67kg級、73kg級、81kg級、96kg級、109kg級、109kg超級、女子は最軽量が49kg級、55kg級、59kg級、64kg級、76kg級、87kg級、87kg超級と、いずれも7階級となりました。 ウエイトリフティングのトレーニングプログラムを作るには? ウエイトリフティングで着実に重量を伸ばしていくために大事なことは5つくらい 基本的なトレーニングの原則とほぼ一緒。

2

ウエイトリフティングのトレーニングプログラムを考えてみる

👆 古代より世界の多くの地域で行われてきた。 <日本> ローマ1960大会からロサンゼルス1984大会までの間で、日本勢はフェザー級(現62kg級)三宅義信の連覇を筆頭に、合計12個のメダルを獲得して存在感を発揮した。

7

ウエイトリフティング

👉 45kg• 1986年にで開催されたパンノニアカップにて女子も加わり初の国際大会となった。 重量挙げとも呼ばれることが多い競技ですが、 呼び方が違うだけでウエイトリフティングと同義です。

3

重量挙げ

📲 使用するバーベルの重さは、男性20kg、女性15kgとなっており、重量プレートを両サイドから装着してバーベルの重さを変更していきます。 重いバーベルを持ち上げることから、よくスクワット、デッドリフト、ベンチプレスを行うパワーリフティングと混同されますが、パワーリフティングが、ひたすら最大筋力パワーを目指すのに対し、ウエイトリフティングでは瞬発力、バランス、柔軟性、そして精神的な集中力が求められます。 この時、膝を確実に伸ばした状態で静止し審判からの合図があるまで静止する。

2

ウエイトリフティングのルール解説、スナッチとジャークの違いは?|【SPAIA】スパイア

🖖 61kg• 連続で試技を行う場合でも与えられるのは2分間である。 体重に過不足があった場合に限り制限時間内に何度でも再検量が許されている。

19

International Weightlifting Federation

😝 2つの種目があり、スナッチは床に置かれたバーベルを1挙動で頭上に持ち上げます。 76kg• 重量が重ければ重いほど1セットあたりの回数を落としていく感じ。