アスペルガー症候群の由来になった医師の物語「ナチスとアスペルガーの子どもたち」フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿(2)|綿樽 剛@ADHDアナドレン|note

😃 他方、カナーはというと、のちに世間で「冷蔵庫マザー」という名称で知られるところとなる、悪魔のような養育者の影響を、自閉症の原因として想定するようになっていくのである。 不可思議に思えるのは実は当然のことで、そこに本来あるべきミッシングリンクが欠けていたのです。 著名な科学者の中には、確かに多くの自閉症の人がいる。

6

自閉症とアスペルガー症候群

😀 そして子ども達が自分の能力を再発見できる場所を用意し、「子どもの生まれ持った能力、その子の性格の変えられる部分、異常な行動の原因を明らかにして、どうすることがその子自身の幸せにつながり、心を安定させるのか、家庭や社会の中での居場所を見つけることになるのか、そしてその子の目標や夢と、それを実現する術を見いだせるのか発見すること」を主眼に置き、真摯に患者と向き合い、研究と治療を行っていた。 また、精神の障害の分類としては世界保健機関 WHO によって公表されている、『疾病及び関連保健問題の国際統計分類(International Classification of Diseases、ICD)』と言うものもあり、ICD-10の第5章「精神および行動の障害」では、『F84 広汎性発達障害』として、『F84. 古典や歴史、文学に博識で、オーストリアの詩人フランツ・グリルパルツァーに興味があり、その詩を興味のない同級生に繰り返し引用していました。 ハンス・アスペルガーも、アスペルガー症候群の性質をしめす子供たちを「小さな教授」と呼んでいました。

2

自閉症の歴史

🎇 だが実際のところ、ナチスの根絶プログラムの対象は、さほど明確に定義されていたわけではない。 彼女は子どもへの対応に優れ、教育主任として音楽や演劇、遊戯、言語療法を用いたソーシャルスキル指導などの療育プログラムの発展に関わっており、アスペルガーにその能力を高く評価されていました。

アスペルガー症候群の孤独と才能――ゴッホ、コナン・ドイル、モーツァルトも? 『天才の秘密』 |じんぶん堂

📲 本書は芸術的天才性をもつアスペルガー症候群の人を賞賛するものである。 戦後、その医師に敬意をこめて、この発達障害は「アスペルガー症候群」と名付けられた。 自閉症は幼児期の障害だといわれ、否定的な診断をされた成人には、働くこと、デートをすること、友人とのつきあい、その他の日常生活につきまとう絶え間ない葛藤について何の説明もされることがなかった。

16

ハンス・アスペルガーはナチスに協力的だった!?|nr|note

📲 アスペルガー自身も子供の頃、彼の名に因んだまさにASの特徴を現していた。 この は、ジャーナリストのスティーブ・シルバーマンによる、自閉スペクトラム症の歴史を追ったノンフィクションの大作です。

4

【発達障害】第6回 アスペルガー症候群 その1

🤣 明らかに精神病ではないのだから、アスペルガーは彼らの症状を説明するために「Autistischen Psychopathen 自閉的精神病質 」という精神的健康状態と病気の間の境界領域を指す用語を用いることにした。 第三帝国は、均質な民族共同体を作ろうと、望ましいと見なす人間を増やして統合するとともに、それ以外の人間を切り捨てた。 そのうちの1人フリッツ・V(Fritz V. ところが によれば、とてもショッキングな事が明らかにされています。

15

自閉症を生んだ医師とナチスに共通する“二面性” 自閉症が生まれた背景とは?

🙂 ハンス・アスペルガー Hans Asperger,1906~1980 第二次世界大戦前 ハンス・アスペルガーは、オーストリア=ハンガリー帝国生まれの小児科医です。

12

自閉症を生んだ医師とナチスに共通する“二面性” 自閉症が生まれた背景とは?

☣ 例えば、有名なところではライプニッツとニュートンの確執があります。 ナチスドイツ統治下のオーストリア。

16