#364 今こそ知りたい!世界的デザイナー「石岡瑛子」展〜誰もが知る広告、ハリウッド映画…歴史を変えた天才の仕事、その全貌!〜|ぶらぶら美術・博物館|BS日テレ

🤛 本邦初公開となるその絵本には彼女の原点、魅力が詰まっています。

「すごい日本人」デザイナー・石岡瑛子の大規模回顧展 その哲学とは?

🤪 パルコの広告シリーズより(Photo:Kenji Morita) 1980年には拠点を米ニューヨークに移し、活動の範囲を演劇や映画、音楽のレコードジャケットのデザインなどに広げた。 2012年、すい臓がんで永眠。

18

「石岡瑛子」展に若者が殺到 伝説的デザイナーの熱量を肉声で体感:日経クロストレンド

🖐 デパートとは異なるファッションビルをいかに広告していくか。 展示を見ていると、時代を作り先導した一人のクリエイターの熱を帯びた仕事に圧倒される。

#364 今こそ知りたい!世界的デザイナー「石岡瑛子」展〜誰もが知る広告、ハリウッド映画…歴史を変えた天才の仕事、その全貌!〜|ぶらぶら美術・博物館|BS日テレ

🎇 東京藝術大学美術学部を卒業後、資生堂に入社。 執筆の理由はそれに尽きる。 紫綬褒章受章。

東京都現代美術館で開催中、「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展にみる情熱と執念

😎 資生堂、角川書店、パルコなどの懐かしいプロジェクトを紹介する。 健康的な女性の美に満ち満ち、それまでの化粧品メーカーの商業広告のイメージにはない斬新なポスターは大きな反響を呼び、軒並み盗難に遭うほどでした。 「アーヴィング(・ペン)はマイルスに静かに話しかけ、そしてゆっくりと、一枚目のシャッターを切った。

1

赤い会場に溢れる、時代を切り拓いたクリエーション ─ 東京都現代美術館で「石岡瑛子」展

📞 人種や国境も超えてプロジェクトごとにチームをつくり、1960年代末に資生堂を退社してからは、特定の組織に属さなかった。 2008年の北京五輪の開会式セレモニーは、それ自体では迫力に満ちていた。