JST、ムーンショット新目標検討21チームを決定

😄 この目標1の開発自体は、時間と空間の制約を解放する為に、かなり目標6の量子コンピューターの進化に依存する目標であるように個人的には見ております。 0では、「IoTで全ての人とモノがつながり、新たな価値が生まれる社会」、「イノベーションにより、様々なニーズに対応できる社会」、「AIにより、必要な情報が必要な時に提供される社会」、「ロボットや自動走行車などの技術で、人の可能性が広がる社会」という4つが中心に掲げられています。

16

ムーンショット目標の意味とは?壮大過ぎて気持ち悪いとの声も!

🤩 「ムーンショット型研究開発制度」の概要(内閣府提供) 新目標を検討する21チームの調査研究課題とチームリーダーは次の通り(リーダー名の五十音順)。 特に、「サイバネティック・アバター基盤を作る」部分においては、映画「アバター」や「マトリックス」のような世界観を想起させられます。 その日本が掲げたSDGsの中心となる三本柱として 1.ビジネスとイノベーション ~SDGsと連動する「Society5. 量子コンピューターには、量子ビットと呼ばれるビット計算によって物凄い数の計算を瞬時に実現しているのですが、そのデメリットとしてNISC つまり、ノイズあり中規模量子デバイス と呼ばれる量子エラー訂正がまだ不十分なので、それを2030年までに実現しようということが最初に書かれています。

11

ムーンショット型研究開発制度

🚀 選考は、ビジョナリーリーダー等が行います。 具体的には下記資料及び映像をご覧ください。 目標3. 適当に決めた目標ではなくて世界の中の先進国としての日本の役割としてムーンショット目標がまとめられているところが見逃せないと思います。

ムーンショット目標4 2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現

✌ 日常生活の中で自然と予防ができ、なおかつ全ての生体トレンドを低負荷で把握・管理できる技術を開発。

7

ムーンショット目標7キックオフシンポジウム「健康不安なく100歳まで」開催のご案内

🤔 NEDO連絡先の他、研究開発の詳細や連携のご相談等について直接プロジェクトマネージャーにご連絡いただくことも可能です(下表をご確認ください)。 登録方法の詳細については以下をご参照ください。

12

ムーンショット目標決定のお知らせ

🖖 これまでみてきたような昆虫のメリットに着目し、食糧問題の解決のために、完全循環型タンパク質生産システムを世界に先駆けて事業化することを目指しています。