元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【WEB版】

☣ リュイと一緒に馬に乗れないのは残念だけれど……旅はとても楽しみ!」 ヴィークと2人、馬車で向かい合って笑うクレアを、リュイが馬車の横の窓から覗き込んで微笑む。

2

【新連載】『元、落ちこぼれ公爵令嬢です。 THE COMIC』原作:一分咲/漫画:白鳥うしお 9月15日連載開始!

⚔ その隣国の名門公爵家の娘、しかも第一王子の元婚約者を何の相談もなく妻として迎えることは、将来両国間に摩擦を生む可能性がある」 「なんだ、随分急いで帰ってきたと思ったら、こっちの話が本命か」 ドニがヴィークをからかうような視線を向ける。 もっと早く教えて下さらないと・・・」 と呆れた顔でクレアが言うと、ドニが笑いながらもっと早く言えばよかったねと言いました。 「小説家になろう」で大人気を博した悪役公爵令嬢異世界ファンタジーが待望のコミカライズ! キースという身長の高い男性、リュイという黒髪の綺麗な人、ドニという 人懐っこい元気な男の子の3人で皆クレアを歓迎してくれました。

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【無料】1冊まるまる最後まで今すぐ読む方法|漫画いいね

😀 「ノストン国は大切な隣国だ。 「そんなことない!……まあ、ノストン国の人達に見る目がなかったおかげで僕たちはかわいいクレアと出会えたんだけどね」 ドニにしては珍しく強い口調だ。 ヴォークはクレアのこと一目惚れしたっぽい感じあるんだよな~。

1

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【無料】1冊まるまる最後まで今すぐ読む方法|漫画いいね

🐲 パフィート出身だと知ったクレアはこの4人はどう考えても貴族階級だけど、 1度も会った事がなかったのはそういう原因だったんだと分かりました。

16

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【ネタバレ2話】助けてくれた貴方は誰?|漫画いいね

✔ リンデル国とはノストンの国の南、四方を海に囲まれた小国で 城下町だけの小さな国でしたが美しい自然や町を観光資源として栄えていた国でした。

14

一分咲

😗 そんな人達なら少しぐらい本当の話をしてもいいかと思い、 貴族の跡取り娘として生きてきたけど、クレアの能力不足が問題で 家族と仲違いしてしまった事を話しました。 席に着くと、 「なんだか本当に訳アリっぽいなクレアは。

1

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【WEB版】

😂 クレアは何でもお見通しだな」 一瞬、バツの悪そうな顔をしたヴィークに向かって、クレアは令嬢らしく言う。 まぁこの4人について行けば安心な気がします。

14

一分咲

✍ 「それで、何と」 キースが急かすように聞く。 経緯を思うと腸が煮えくり返るが、そこだけは感謝しないとな」 ヴィークは頷いて続ける。

5