広島県が酒類提供の時短要請延長 1月17日まで コロナ感染拡大歯止めかからず

⚓ 申請受付期間• 床面積1,000平方メートル超の施設 大規模小売店、百貨店、ショッピングセンターなど 】 ・5時~20時までの営業時間短縮 ・ただし、生活必需物資の小売関係及び生活必需サービスを営む店舗を除く。 (休業しない場合は、「酒類及びカラオケ設備を提供しない」「営業時間を5~20時まで」を要請) 【 協力支援金の支給要件】 ・「」「」の登録 ・原則、通常営業時間が20時を超える飲食店 ・飲食店営業許可証1類または3類をもっていること 対象エリア ・胡町1番~5番 ・堀川町1番~4番 ・三川町1番・8番・9番 ・新天地1番・6番・7番 ・流川町・薬研堀・銀山町・弥生町・田中町・西平塚町 の全てのエリア 広島県内全域の1を除く飲食店等(酒類又はカラオケ設備を提供する)に対して、営業の時短と休業要請をおこないます。

19

【4月・5月】飲食店の「時短営業協力金」23都道府県の概要まとめ。東京・大阪・兵庫ほか (3/3)

☝ 誓約書• 対象になりますか? 屋内で、共同スペース部分に座って食事ができるテーブルとイスが常設してあれば対象になります。

17

緊急事態宣言による広島県内約100施設の時短・休業状況一覧|広島観光情報総合サイト 旅やか広島

👊 その他、HPやSNS等での案内の写しでも可能です。 那覇市保健所管内・中南部保健所管内の市町村のうち、離島町村を除く20 市町村が対象。 (第1期)申請受付終了• 休業・営業時間の短縮を行ったことがわかる写真等 次の 1 2 のいずれかを提出してください• (酒及びカラオケ設備の提供無し) 時短要請:5月16日 日 ~6月20日 日 広島市中心部の飲食店に対して、営業の時短と休業要請をおこないます。

県の集中対策11日で終了 飲食店の時短営業など解除

💅 第1期(令和2年12月17日から令和3年1月3日)、第2期(令和3年1月4日から1月17日)では営業時間短縮等を行わなかったが、第3期(令和3年1月18日から2月7日)については営業時間短縮等を行った場合、対象となりますか? 第3期(令和3年1月18日から2月7日)について支給要件を満たした場合、対象となります。

【延長】広島の商業施設、緊急事態宣言で休業・時短営業に対応

🤝 喫茶店は、酒類の提供をしていないので対象になりません。 広島県内でコロナの感染者が発生した令和2年3月以降に営業時間を21時までに短縮していた場合、支給(時間短縮)の対象となりますか? 対象となります。

18

【飲食事業者・大規模施設事業者の皆様】休業・営業時間短縮の要請について

😈 テイクアウト・デリバリー関連 令和2年3月より前から店舗での飲食提供とテイクアウトの2形態で営業していたが、令和2年3月以降、テイクアウトのみの営業に切り替えていた。 常に最新の情報を手に入れるためにも、アンテナをしっかりと張り、情報収集することが大切だ。

20